ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 デストロイガンダム

デストロイガンダムGFAS-X1


全身に様々な火器を配し

陽電子リフレクターをも備えた魁偉は

単機で一つの都市をやすやすと壊滅させられる威力を持った GFAS-X1

もはや戦術を超えた戦略無敵のレベル「殺戮(ジェノサイド)マシン」と言える

MA形態から、MSへと変形する事ができ

その全長はゆうに通常のMSの2倍を超えている

ベルリン戦で初投入され

ヘブンズゲート戦でも複数投入された GFAS-X1

地球連合軍が作り出した巨大可変モビルスーツ デストロイガンダム GFAS-X1

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 通称105ダガー

ダガー


通称105ダガー


本来はこちらが主力機になるはずであったが


戦時省力型のストライクダガーが主力量産機となった


105ダガーの最大の特徴は


ストライカーパックを装備できる事である。


前大戦末期に地球連合軍が生産したMS

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 フォビドゥンブルー

フォビドゥンブルー



前大戦に作られた


フォビドゥンシリーズの派生機で


ザフトの水中MSに苦しめられた経験から


作りだされた地球連合軍の水中戦専用MSだ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 ユークリッド

■ユークリッド


ザムザザーゲルスゲーといったMAと異なり


腕や足といった四肢がなくメビウス・エグザスといったMAに近い作りで


巨大なビーム砲を装備し


拠点防衛としてヘブンズベース戦において多数配備されていた


地球連合軍が作り出した巨大MAだ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な戦艦 地上戦艦

地上戦艦



多くのMSを搭載が可能


またそのドーム状の部分にはデストロイが格納されている


機動面に関してはホバーなどでは無く装軌式を仕様とした


地球連合軍の地上戦艦だ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の強襲揚陸艦・母艦 JPジョーンズ

強襲揚陸艦 JPジョーンズ


ガーティ・ルーに変わり、


地球でファントムペインの母艦となる


地球連合軍特殊部隊の強襲揚陸艦だ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 ゲルズゲー

ゲルズゲーYMAG-X7F



ザムザザーに継ぐ多脚型のMAであり


通常MSが装備できない陽電子リフレクターを搭載し


その防御力の高さから


ガナルハンのローエングリン砲台を警護している。


地球連合軍の開発した新型MAだ

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な機体 ウィンダム【ネオ専用機】

ウィンダムネオ専用機



ネオ専用ウインダムは基本スペックは他のウィンダムと変わりない


機体色は同じでネオの専用機であるエグザスと同じだ


赤紫をベースとし、ネオ・ロアノーク


この機体を駆って地球に降下したミネルバを幾度となく苦しめる。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合軍の主な戦艦・母艦

ガーティ・ルー


地球連合軍特殊部隊「ファントムペイン」の母艦

武装や艦の形状に地球連合軍の特徴が見受けられる

ユニウス条約違反であるミラージュコロイドを装備している

それ故に、所属不明艦と偽装しアーモリーワンを攻撃する





アガメムノン級宇宙母艦 MS 搭載型


もともとはMA母艦であった、

アガムメノン級を改装しMSを搭載している。

前大戦と同様に、地球連合軍艦隊旗艦を務める事が多い。





ネルソン級宇宙戦艦 MS 搭載型


前大戦からの艦船である

ネルソン級をMS搭載型したもの

もともと戦艦タイプであったため

火力や防御力は随一であり

MS搭載能力が加わった事で非常にバランスの良い、

艦船となっている





ドレイク級宇宙護衛艦 MS 搭載型

護衛艦からの改装となったため

その大きさからMSの搭載数は多くなく

主力艦の補助や偵察など多用途に任務をこなすことが多い

地球連合軍の主な護衛艦である。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 ザムザザー

ザムザザーYMAF-X6BD



地球連合軍が開発した巨大なMA



その大きさはインパルスガンダムの数倍もあり



現状存在する機動兵器の中ではもっとも大型の部類に入る



爪や大型ビーム砲などその攻撃力は凄まじく



圧倒的な破壊力でザフトにせまる

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 ウィンダム

ウィンダムGAT-04


地球軍の新量産型GATシリーズ


ダガーLの後継機であり


AQM/E−A4E1 ジェットストライカー」等に共用性が見られ


高い汎用性が確保されている


多くの前線に・おいて、ダガーLに変わり入れ替え配備が進んでいる

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 エグザス

エグザスTS-MA4F


地球軍特殊部隊の指揮官


ネオ・ロアノークの専用MA


2門のレールガンと4機の特殊オールレンジ攻撃兵器を装備している


MAではあるがその攻撃力は高く


旧ザフトMS程度ならば複数を相手にしても引けを取らない


この兵器は70年時の戦闘で名を馳せたメビウスゼロに搭載され


後にGAT−01A1ダガー(通称105ダガー)の一部に採用された


全方位攻撃システム「ガンバレル」の発展型だ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 ダガー

ダガーLGAT-02L2


地球連合軍の量産MS

前大戦後期より投入されたダガーの改良型であり

武装面等が強化されている。ストライクダガーとの最大の違いは

ストライカーパックを装備できる点である。




ダークダガーL


特殊部隊がアーモリーワン襲撃時に使用した黒いダガーL

隠密作戦などに目立たぬように黒く塗装されている

細かい仕様に変更は、ほとんどない。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 アビスガンダム

アビスガンダムZGMF-X31S


ビーム兵器やランスなど


様々な戦局に対応出来る兵装を装備し


尚且つ水中戦用のMAにも変形することが出来る特殊な機体


パイロットは、アウル・ニーダ


その火力は他の三機を圧倒する【ZGMF-X31S】凄さ。

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 カオスガンダム

カオスガンダムZGMF-X24S


ザフト・セカンドステージMSシリーズのうちの1機


スティング・オークレーの搭乗機


巨大なクローや強力な火器を多数装備した強襲型の機体であり


MAへの変形も可能である(MA形態すると宇宙戦闘用になる)


機動兵装ポッドは推力が強く


また無線誘導で、全方位の攻撃が可能な、【ZGMF-X24S

ガンダム seed destiny 地球連合軍

地球連合の主な機体 ガイアガンダム

ガイアガンダム 【ZGMF-X88S


ザフトのセカンドステージMSの1機


型式番号「8」は陸戦4脚系の機体であることをあらわしている


地上での格闘戦を想定して開発され


四足獣型のMAへ変形することが出来る


(MA形態へ変形すると地上戦闘用として運用できる)


火力は奪われた三機の中で一番非力だが


機動力をいかした接近戦で敵を切り刻む凄い機体


パイロットは、ステラ・ルーシェ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。